メディア

上島竜兵が関西弁を使わない理由はなぜ?神戸のどこ出身?

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんは普段は標準語でしゃべっていますが、実は兵庫県神戸市生まれの神戸市育ちで生粋の関西人でもあります。

高校を卒業するまで神戸で生まれ育ったようですね!

上島竜兵さんは関西では故・やしきたかじんさんに可愛がられており、たかじん胸いっぱいなど関西のたかじんさんの番組にもよく出ていましたが、その時も関西弁は話していませんでした。

いったいなぜ上島竜兵さんは関西弁を使わなかったのでしょうか?

上島竜兵関西弁を使わない理由はなぜ?

上島さんは神戸市北区鈴蘭台出身のようですね。

鈴蘭台というと神戸の繁華街三宮から神戸電鉄で30分ぐらいのところ、都会でもなく田舎でもない普通の街で生まれ育ったということになります。

上島竜兵さんが関西弁を使わなかったのは、まず東京の芸能事務所に所属して東京でデビューしたことから、関西弁を使うと逆に関西の芸人さんに失礼なんじゃないかと思って使わなかったそう。

ビートたけしさんや志村けんさんなど東京の芸人さんに大変可愛がられていたことも影響しているそうです。

他にも上島さんがデビューした当時は関西弁がそこまで浸透しておらず、全国的にはいいイメージを持つ人も多くはなかったことから、仕事柄関西弁を使わなかったみたいです。

同じ理由で寺門ジモンさんも大阪の箕面小学校、兵庫県川西市育ちにも関わらず関西弁をまったくと言っていいほど使いません。

しかし、竜兵さんは関西弁をしゃべれないことはないようで、あるバラエティ番組の企画で隠れ関西人の代表として上島竜兵さんに関西弁をしゃべらさせていましたが、最初こそ違和感があったものの、普通に関西弁のイントネーションでしゃべれていました。

東京に魂を売った訳では決してないと竜兵さんは言っていました。

上島竜兵関西弁を使わない理由まとめ

  1. 上島竜兵さんは神戸市北区鈴蘭台出身で関西人
  2. 東京の事務所でデビューして東京の芸人としてデビューしたことで、関西弁を使うと関西の芸人に失礼なんじゃないか?と思い、最初から関西弁を使わなかった
  3. 上島さんがデビューした当時は関西弁は今のように浸透しておらず、いいイメージを持つ人も多くはなかったことから、仕事上関西弁を使わなかった
  4. 東京に決して魂を売った訳ではなく関西弁自体はしゃべれる

以上、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが関西弁をしゃべらなかった理由についてまとめてみました。

Youtubeに上島竜兵さんが関西弁を話している動画があるので、興味がある方は見てみて下さい。