プロ野球

佐藤輝明近大学部はどこ?短大からの編入生?

阪神タイガース2020年ドラフト1位佐藤輝明選手。

阪神タイガースでは金本知憲選手以来の左の長距離砲で甲子園球場を本拠地にしながらも30発、あわよくば40発も狙えるほどのホームランバッターです。

2021年の新人王も間違いなく佐藤輝明選手が獲得するだろうと思います。

そんな佐藤輝明選手は大阪府東大阪市にある近畿大学(近大)出身ですが、一体学部はどこ出身なのでしょうか?

近大OBの方など気になる方も多いと思うので調べてみました!

佐藤輝明近大学部はどこ?短大からの編入生?

佐藤輝明選手は近畿大学経営学部経営学科出身です

ちなみに近大経営学部は、河合塾の偏差値でいうと52.5ぐらいで中の若干上ぐらいの難易度。

ただし、佐藤輝明選手は2年までは近畿大学の短大出身で3年次編入試験を受けて
3回生から近大経営学部経営学科に在籍しています。

なぜ短大か?というと、仁川学院高校3年生の時に近大野球部の田中監督に才能を見出され、近大を受験することになったのですが、すでに4年生の野球部の推薦枠での入試が終わってしまっており、仕方なく近大の短大に入学してからの3年次編入となったようです。

仁川学院高校時代は佐藤輝明選手は捕手で無名だったようなので、近大の田中監督に見出されなかったらドラフト1位で阪神に指名されることもなかったかもしれないですし、今のような大活躍はまずなかったと言えるでしょう。

佐藤輝明近大学部はどこ?まとめ

  1. 佐藤輝明選手は近畿大学経営学部経営学科出身
  2. 元々は近大の短大に入学し、3年次編入で3回生から近大経営学部経営学科に在籍
  3. 近大の野球部の推薦枠がすでに埋まっていた為、まず近大の短大に入学し3年で編入しした
  4. 近大田中監督が高校時代無名だった佐藤選手の才能を見つけ、近大に来るようスカウトした

まとめると、このようになりました。

近大の田中監督は元々は上宮高校で監督をされていて何度も甲子園出場がある名将と言われる存在。

田中監督が佐藤輝明をスカウトしたことで近大の短大にひとまず入学し、3回生で近大の経営学部経営学科に編入したということです。

佐藤輝明ファンのあなたや阪神ファンのあなたは話のネタになると思うので知っておいてください。