プロ野球

アルモンテの現在と韓国リーグ成績2021

2020年まで3年間中日ドラゴンズに在籍していたアルモンテ選手。

アルモンテ選手はNPBでは1年目に打率329を残し、2年目、3年目も規定打席未到達ながら3割近くを残しており、長打力には欠けるものの非常に安定した外野手です。

2021年からは阪神に移籍したロハス・ジュニアに代わる新外国人として韓国(KBO)のKTウィズに移籍し、韓国リーグでプレーをしていました。

そんなアルモンテ選手の現在や韓国リーグでの成績はどのようになっているのか?
気になったので調べてみました。

アルモンテの現在と韓国リーグ成績

アルモンテ選手は6月後半までKTウィズの主力打者として以下のような成績を収めていました。

60試合出場 打率271 7本塁打 36打点

良くもなく悪くもない普通の成績を残していたアルモンテ選手ですが、
6月26日のハンファイーグルス戦で右アキレス腱を損傷してしまい全治3週間の故障。

そのまま登録を抹消され、チームの方針によりKTウィズを退団することに。

KTウィズは現在韓国リーグで首位を走っていることから後半戦はアルモンテではなく
ホイング選手を補強し、アルモンテ選手は事実上の戦力外になってしまったのです。

アルモンテの現在と韓国リーグ成績まとめ

  1. 中日ドラゴンズ退団後、韓国KBOのKTウィズからオファーがあり移籍
  2. 6月26日まで韓国(KBO)にKTウィズに在籍し60試合で打率271 7本 36打点の成績を残す
  3. 6月26日に右アキレス腱を故障してしまい、チーム方針によりKTウィズを退団
  4. KTウィズはアルモンテに代わる外国人にホイング選手を獲得

まとめるとこのようになりました。

アルモンテ選手は韓国リーグでは首位打者を狙えるんじゃないか?と入団時にはかなり期待されていただけに、今回の右アキレス腱損傷による退団は非常に残念でならないですね。

NPBからのオファーがあればNPBに復帰するんでしょうけど、ケガの影響もあり、
獲得する球団はおそらくないでしょう。

アルモンテ選手はまずはケガからの復帰を目指し、アメリカ3Aで今後プレーするんじゃないか?と思います。

以上アルモンテ選手の現在と韓国リーグ成績についてまとめさせて頂きました。

error: Content is protected !!