メディア PR

Destinyドラマは9話で打ち切り?全何話だった?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

石原さとみさん主演のテレビ朝日で毎週火曜日21時から放送していたドラマDestiny。

6月4日(火)に9話で最終回となり、視聴率は8.3%で終了してしまいました。

通常ドラマは11話ぐらいあるのに、なぜDestinyは9話なの?途中で打ち切り?等SNSで話題になっています。

Destinyは9話で打ち切られてしまったのでしょうか?

Destinyドラマは9話で打ち切り?全何話だった?

Destinyは当初から全9話の予定で打ち切られたとかそういうのは一切ないようです。

Destinyに限らず、テレ朝火曜日21時のドラマは2022年10月から復活した放送枠なんですが、すべてのドラマにおいて全9話で終了となっています。

  1. 科捜研の女2022(全9話)
  2. 星降る夜に(全9話)
  3. シッコウ!!〜犬と私と執行官〜(全9話)
  4. unknown(全9話)
  5. 家政夫のミタゾノ(全9話)
  6. マルス-ゼロの革命-(全9話)

おそらく

他に、視聴率が悪いから9話で終了した説もありますが、Destinyは決して視聴率が悪かった訳ではありません。

Destinyの平均視聴率は7.5%で、上記のテレ朝火曜21時枠のドラマの中では、科捜研の女2022、シッコウ!!~犬と私と執行官~に次いで第3位の視聴率となっています。

それから制作側としては全11話でドラマを構成するより、全9話で構成した方が出演者のギャラも抑えられる分好都合です。

最近のテレビ局はどこも広告収入(スポンサー収入)が以前に比べると大分減っており、制作費も抑えないといけないので、最初から火曜日21時のテレビ朝日系のドラマは全9話にしているのかもしれません。

Destinyドラマ9話打ち切りまとめ

  1. Destinyは最初から全9話の予定で視聴率が悪かったから途中で打ち切りになった訳ではない
  2. Destinyに限らず、テレ朝火曜日21時枠のドラマはすべて全9話となっている
  3. 近年広告収入がかなり減っており、テレビ局も不景気で制作費を抑えないといけなくなっているので、2022年10月から復活したテレ朝火曜日21時のドラマは全9話にして制作費を抑えている

以上、石原さとみ主演のドラマDestinyの打ち切り説についてまとめました。

このように、Destinyの視聴率はむしろ良かった方なので、来年以降にまた石原さとみさん主演でドラマをやる可能性は十分あると思います。

error: Content is protected !!