高校野球

大阪桐蔭高校野球部メンバー2023進路一覧

昨年春の選抜高校野球で全国優勝し、夏の甲子園では準々決勝進出した名門・大阪桐蔭高校野球部3年生。

松尾捕手が横浜DeNAベイスターズにドラフト1位で指名されましたが、それ以外の選手はエースの川原投手や4番の海老名選手を筆頭にプロ入りすることは出来ず、進路が注目されていました。

いったい大阪桐蔭高校野球部3年生のメンバーはどこの大学や社会人に行くのでしょうか?

大阪桐蔭高校野球部メンバー2023進路一覧まとめ

注目のエース川原投手と4番海老名選手は大学には進学せず、社会人入りして最短でプロを目指すようです。

内訳は、プロ入り1名、社会人2名、東京六大学2名、東都大学リーグ6名、関西学生野球3名、首都大学野球連盟2名となっています。

最多は西谷監督の母校である関大の2名と青学の2名です。

ポジション 選手名 進路
投手 川原嗣貴 ホンダ鈴鹿
捕手 松尾汐恩 横浜DeNAベイスターズ
一塁手 丸山一喜 立教大
二塁手 星子天真 青山学院大
三塁手 伊藤櫂人 中央大
遊撃手 鈴木塁 駒沢大
左翼手 田井志門 國學院大
中翼手 海老根優大 SUBARU
右翼手 谷口勇人 青山学院大
投手 別所孝亮 慶應義塾大
投手 川井泰志 日本体育大
投手 青柳佳佑 関西大
外野手 河田流空 関西大
外野手 近藤勝輝 同志社大
内野手 大前圭右 東海大

大阪桐蔭高校野球部メンバー2023進路まとめ

  1. メンバー全員が卒業後も野球を続ける
  2. プロ1名、社会人2名、大学進学12名(関東9名、関西3名)
  3. 最近は地元関西の大学よりも東京の大学に進学する選手が圧倒的に多い

かつて、大阪桐蔭高校の野球部メンバーは関西学生野球の同志社、関学、関大、立命館、近大や関西六大学の龍谷や大阪経済大学など地元関西の大学に進学する選手が多かったですが、年々減ってきており、今年は地元関西の大学に進学する選手は3名しかいません。

多くが、東都や東京六大学に所属する大学に進学する選手が多いです。

特にレギュラーメンバーはほとんどが東都や東京六大学に進学しています。

甲子園で活躍したエース川原投手や海老名選手は大学には進学せず、1年でも早くプロ入りを目指す為、社会人へ行くようです。

甲子園のメンバー全員が卒業後も野球を続けるということで、今後の活躍にも期待したいと思います。

error: Content is protected !!