プロ野球

プロ野球1軍監督年俸ランキング一覧2021

プロ野球1軍監督年俸ランキング一覧2021

※金額は推定

順位 監督名 年俸
1位 原辰徳(読売巨人軍) 3億円
2位 与田剛(中日ドラゴンズ) 1億5000万円
3位 栗山英樹(日本ハムファイターズ) 1億1000万円
4位 工藤公康(ソフトバンクホークス) 1億円
4位 矢野燿大(阪神タイガース) 1億円
4位 石井一久(東北楽天イーグルス) 1億円
7位 井口資仁(千葉ロッテマリーンズ) 8000万円
7位 高津臣吾(ヤクルトスワローズ) 8000万円
9位 辻初彦(西武ライオンズ) 7000万円
9位 三浦大輔(横浜DeNAベイスターズ) 7000万円
9位 中嶋聡(オリックスバファローズ) 7000万円
12位 佐々岡真司(広島東洋カープ) 6000万円

総評

巨人原監督が破格の3億円でダントツで12球団トップ。
12球団の中で唯一の60代の監督でやはり実績が突出しているので当然の結果でしょう。

2位は中日の与田監督で昔から巨人・阪神・中日の監督が12球団の監督の中でもやや年俸が高い傾向にあります。

ソフトバンクを何度も優勝に導いている工藤監督が1億円とかなり低い印象。

実績や年齢を考慮しても最低1億5000万、2億ぐらいもらってもいいように思います。

工藤監督に限らず栗山英樹監督も今年10年目にも関わらず年俸が1億1000万と低く、NPBは昔から選手の年俸に比べると全般的にNPBの監督の年俸は7000万~1億円が相場でかなり低いという印象。

監督ならまだしも、コーチの年俸はもっと低い訳なんでなかなか現場に戻りたがらないOBが多いのも納得できる結果に。

ちなみに、星野監督、落合監督、野村克也監督らは2億円~3億円年俸を貰っていたという話です。

もう少し1軍監督やコーチの年俸も上がる方がいいように思います。

error: Content is protected !!