高校野球

海老根優大の進路の大学はどこ?ドラフト指名漏れの理由も!

大阪桐蔭高校の主砲でU18高校野球日本代表でも主力選手として活躍した海老根優大選手がプロ志望届を提出したものの今年のドラフト会議では指名されませんでした。

エース川原投手も指名されず、結局大阪桐蔭からは松尾選手が横浜DeNAベイスターズにドラフト1位で指名されたのみで、いったいなぜ?とネット上でかなり話題になっていました。

海老名選手は大学に行くか社会人に行くか注目が集まっていましたが、どうやら大学に進学するようですね。

いったい海老根優大選手はどこの大学に進学するのでしょうか?

海老根優大の進路の大学はどこ?

海老根優大選手は亜細亜大学に進学するという話です。

大阪桐蔭の4番の選手が卒業後、亜細亜大学に進学した例は非常に多いのですが、田端選手、近田選手は大学に入った瞬間プツンと糸が切れてしまい、入学後すぐに中退してしまっているので、海老根選手は絶対そうならないように亜細亜大学で4年間頑張って、NPBを目指して欲しいと思います!

東都大学連盟に所属する亜細亜大学に入れたというのは、4年後プロに行きやすい環境は整っているはずですしね。

ちなみに高校生がNPBにプロ志望届を提出した後、ドラフトで指名漏れした場合、超名門と言われる東京六大学の早稲田・慶應・明治・立教・法政、関西学生野球連盟の同志社・関学・立命館・関大・近大、東都大学連盟の青学・中央大などはすでに枠が決まっており、なかなか入れないそうです。

海老根優大ドラフト指名漏れの理由はなぜ?

こればっかりはいろんな噂があるので何とも言えないのですが、まず大阪桐蔭卒の高校生が森友哉選手以降活躍していないから指名されなかったという噂があります。

確かに、藤浪、森友哉選手以降大阪桐蔭高校の選手は根尾選手や石川選手を始め、プロでは苦戦しているので、一理はあると思います。

他に、大阪桐蔭の選手はドラフト下位では指名されにくいという噂もあり、本来ならドラフト4位、5位、6位で海老根選手も指名がかかる選手なのですが、海老根選手よりも他の高校の選手を指名したという説もあります。

ただし、あくまでこれは噂に過ぎず、やはり海老根選手本人の実力がプロレベルには達していなかったから指名されなかったというのが真相でしょう。

海老根優大の進路の大学やドラフト指名漏れの理由まとめ

  1. 海老根選手は東都大学連盟の亜細亜大学に進学するという話
  2. ドラフト指名漏れ選手の場合、いわゆる早慶やMARCH・関関同立・近大などの超名門はすでに枠が埋まっており、なかなか入れない。
  3. 大阪桐蔭の選手が森友哉選手以降活躍していないから指名を回避されたという噂や大阪桐蔭の選手はドラフト下位で指名しにくいという噂もあるが、それ以上に海老根選手の実力がプロレベルに達していなかったというのが指名漏れの真相

以上、大阪桐蔭の主砲海老根選手の進路についてまとめました。

大阪桐蔭から亜細亜大学に進学して中退した主力選手が過去に複数いるので、海老根選手にはそうならないように亜細亜で頑張って欲しいです。

error: Content is protected !!