プロ野球

コートニーホーキンス(阪神新外国人候補)成績や守備位置!

阪神は今年ケラー以外の外国人選手であるマルテ、ロハス、ロドリゲス、ガンケル、アルカンタラ、ウィルカーソンの6選手の解雇が決定しました。

岡田彰布新監督はFAの補強には消極的で、来季は現有戦力のレベルアップとドラフトによる補強、後は30発打てるような右の外国人選手、スアレスのような外国人ストッパーが欲しいと球団にお願いしているそうです。

ちなみに、阪神タイガースは、ロハス、アルカンタラ、ロサリオと韓国球界から取った外国人選手が全然ダメだったことから、韓国から探すのはしばらく止めるそうです。

そんな中、阪神タイガースの新外国人候補として名前が挙がっているのが、アメリカ独立リーグに所属するコートニーホーキンス外野手。

ホーキンス外野手とはどんな選手なのでしょうか?

コートニーホーキンス成績や守備位置!

コートニーホーキンス外野手はアメリカ独立リーグに在籍しており、メジャー経験こそないものの、2022年は127試合で48本のホームランを放ち、125打点で2冠王を取ってシーズンMVPも獲得している大砲。

阪神にとっては喉から手が出るほど欲しい右の外野手で守備位置(ポジション)もレフトです。

直近3年間の成績は以下のようになっています。

※2022年

  • 127試合 打率298 48本 125打点(※ホームラン&打点の2冠王)

※2021年

  • 91試合 打率326 32本 78打点

※2020年

  • 26試合 打率247  6本 18打点

この2年間で大幅に成長した選手で今年29歳と油がのってる外野手。

ホーキンスが所属していた独立リーグは巨人のウォーカー選手も在籍しており、ホーキンスはそれ以上と言われているので、阪神の他にNPBの数球団が興味を示しているそうです。

コートニーホーキンス(阪神新外国人候補)まとめ

  1. 米国独立リーグで127歳打率298、48本、125打点で2冠王でシーズンMVPを獲得
  2. 守備位置はレフトで右の大砲であることから阪神の補強ポイントにぴったりと合致
  3. 巨人のウォーカー選手よりも素材は上とされており、NPB数球団が獲得に興味を示している
  4. 岡田彰布新監督曰く、外野手で長打を打てる右の新外国人を補強すると公言

以上、阪神タイガース新外国人候補コートニーホーキンス外野手についてまとめました。

何としてでも阪神に来て欲しいそんな外野手です。

error: Content is protected !!