プロ野球

広島カープ来季コーチ組閣予想2023

佐々岡監督が退任し、新井貴浩新監督の就任が決定した広島東洋カープ。

就任会見では1度カープを出た人間なのに、カープに拾ってもらった恩があるので断る理由はないと答えており、赤いネクタイをしていたのが印象的でした。

新井監督は現役引退後コーチ経験もなく、いきなり監督になりましたが、やはり首脳陣はヘッドコーチを中心に新監督を支えるベテランコーチの必要は不可欠でしょう。

そんな広島東洋カープの来シーズンの組閣を予想してみました。

広島カープ来季コーチ組閣予想2023

1軍監督 新井貴浩
1軍ヘッドコーチ 水本勝己(※オリックスから移籍)
1軍野手総合コーチ 東出輝裕(※残留)
1軍打撃コーチ 栗原健太
1軍投手コーチ 高橋建(※残留)
1軍バッテリーコーチ 藤井彰人(※阪神から移籍)
1軍内野守備走塁コーチ 小窪哲也(※残留)
1軍外野守備走塁コーチ 赤松真人(※2軍から昇格)
2軍監督 高信二(※残留)
2軍打撃コーチ 新井良太(※阪神から移籍」

ヘッドコーチは金本知憲氏等の名前が挙がっていますが、まだ組閣が発表されていない現状を考えると、オリックスから水本ヘッドが移籍することで決定だと思われます。

日本シリーズ終了後に正式に発表されるんじゃないでしょうか?

投手コーチに元メジャーリーガーで新井氏と共にカープに帰ってきたレジェンド黒田博樹さんの名前が挙がっていますが、米国を拠点に生活していることや、これだけのBIGネームは将来の監督候補なので、今回は入閣しないと思います。

チームの内部事情をよく知る東出総合コーチ、阪神から移籍の高橋健1軍投手コーチ、指導力に定評がある小窪コーチは残留の可能性が高いでしょう。

打撃コーチに中日ドラゴンズや楽天イーグルスで打撃コーチをしており、コーチ経験が豊富な元カープの主砲で新井氏とチームメイトでもあった栗原健太氏が入ると非常に面白いです。

外野守備走塁コーチは2軍から赤松コーチを昇格させ、新たに1軍バッテリーコーチには元阪神1軍バッテリーコーチの藤井彰人氏コーチの就任が決定したようです。

2軍は引き続き高監督が指揮を取るように思います。

広島カープ来季コーチ組閣予想2023まとめ

  1. 一部で噂されている新井監督と親交の深い金本知憲氏や黒田博樹氏は現実的に考えて入閣しない
  2. 組閣が正式に発表されていない現状を考えると、オリックスの水本勝己ヘッドコーチが来季よりカープのヘッドコーチになる可能性が高い
  3. 日本シリーズ終了後に正式にカープの組閣が発表される
  4. 栗原健太氏など新井氏と共に戦ったカープのメンバーが入閣すると予想

以上、広島東洋カープの来季のコーチ陣を予想してみました。

あくまで私の勝手な予想なので参考程度にしてください。

error: Content is protected !!