高校野球

愛工大名電野球部メンバー心不全とは?ワクチンは関係ある?

今年愛知県大会を制し、2年連続14回目の夏の甲子園出場を決めた愛工大名電高校野球部。

愛知私学4強の1つでイチローさん、工藤公康さん、山崎武史さんなど超一流プロ野球選手を輩出している高校で全国的にも有名な高校です。

そんな愛工大名電野球部ですが、ベンチ入りメンバーの1人が6月に亡くなってしまい、愛知県では大きなニュースになったことがありました。

なぜ心不全になってしまったのでしょうか?

愛工大名電野球部メンバー心不全とは?

愛知予選が始まる直前の6月に愛工大名電の瀬戸選手が心不全により亡くなってしまいました。

足の速い外野手でベンチ入りは確実と言われていた有能な選手です。

愛工大名電高校は全寮制ですが、一時帰宅が認められていたタイミングで自宅で心不全で亡くなってしまったみたいです。

ちょうどこの時期は新型コロナウイルスのワクチン3回目を接種するタイミングだったので、ひょっとするとワクチンが原因なんじゃないか?と一部で言われていますが、こればっかりは分かりません。

若いスポーツ選手が心不全になって倒れてしまうことは野球に限らず大相撲やプロレスなどでも割とあることで、ある日突然起こることなので、日頃の疲れから心不全になってしまったのか?心臓が元々悪かったからそうなったのか?具体的なことは分からないというのが真相です。

愛工大名電野球部メンバー心不全まとめ

  1. 2022年6月1日にベンチ入りメンバーだった瀬戸選手が寮から一時帰宅のタイミングで心不全により亡くなってしまった
  2. ちょうど新型コロナウイルスのワクチンを打つタイミングだったので、ワクチンが原因か?等一部で言われているが、因果関係は不明
  3. 若いスポーツ選手がある日突然心不全になってしまうことは野球に限らず、大相撲などでも割と起こってしまうが、ほとんどが原因不明

以上、愛工大名電野球部メンバーの心不全について分かる範囲でまとめてみました。

愛工大名電のメンバーは瀬古選手のユニフォームを試合中にベンチに常に飾り、愛知予選を見事勝ち抜き、今回甲子園でも全国制覇を目指して頑張っています。

なんとか瀬戸選手の分まで頑張って欲しいです。

error: Content is protected !!