高校野球

京都国際高校武田侑大退部は本当?スタメンにいない理由はなぜ?

高校野球京都大会で見事龍谷大平安を倒し、2年連続甲子園出場を決めた京都国際高校。

今春は新型コロナの影響でセンバツ出場をやむなく辞退しただけに本当に良かったですね!

京都国際高校と言えば、昨年夏の甲子園でベスト4入りし、エース森下投手と1番ショート・リードオフマン武田選手が2年生でドラフト注目選手としても名が知れ渡っていました。

しかし、今年エース森下投手はメンバーにいるものの、武田選手の名前がどこにもありません。

実際に最新の夏の全国高校野球の本を買って私も確認してみましたが、武田選手の名前はありませんでした。

京都国際高校の武田選手は退部してしまったのでしょうか?

京都国際高校武田侑大退部は本当?

ツイッターの口コミを見る限り、京都国際の武田選手は退部した話は本当のようですね。

昨年夏の甲子園では2年生ながら、2021年の高校生NO.1ショートとも呼ばれていたぐらいの逸材だけに退部は残念でならないです。

野球部を退部したのはどうやら事実のようですが、京都国際高校を退学したかどうかまでは分かりませんでした。

何かしら事情があって、武田選手は京都国際を退部したのは間違いないようです。

武田選手不在でも京都国際は京都大会を制した訳なんでその実力は本物と言えるでしょう。

京都国際高校武田侑大退部まとめ

  1. 武田選手はどうやら京都国際高校の野球部を退部(京都国際を退学したかどうかは不明)
  2. 武田選手は昨夏の甲子園で京都国際高校ベスト4の主要メンバーでドラフトに今年上位でかかると噂されているほどプロ注目の遊撃手だった
  3. 武田選手不在ながら甲子園出場を決めた京都国際高校の実力は本物

以上、京都国際高校武田選手の退部についてまとめてみました。

退部は本当のようですが、才能のある選手だけに野球はどこかで続けていると嬉しいです。

error: Content is protected !!