プロ野球

菅野智之2023年メジャーに移籍する?無理、通用しない?

ポスティングシステムを利用してメジャーリーグへ移籍しようとしていた巨人軍のエース菅野智之投手ですが、新型コロナウイルスの影響やメジャーからいい条件のオファーをもらえなかったこともあり、2021年、2022年はジャイアンツに残留しました。

海外FA権を取得し、シーズンオフには堂々とメジャーに移籍する権利を得ている菅野投手ですが、来シーズンメジャーに移籍するのでしょうか?

菅野智之は2023年メジャーに移籍する?無理、通用しない?

菅野投手は昨シーズン年俸8億円という破格の好待遇で巨人に残留しましたが、
成績は19試合に登板して6勝7敗、防御率は3.19と過去最低の成績を残してしまっています。

2022年シーズンも7月1日現在12試合に登板して6勝5敗、防御率は3.18と全盛期からは物足りない結果になっています。

2.3年前の菅野投手ならそれこそメジャーでも2桁は勝てる投手だったと思いますが、今年の成績ではメジャーリーグは無理!通用しない!という声も多数あります。

さらに、巨人よりもいい条件でのメジャーからのオファーがもらえないと思われることから、条件面も重視する菅野投手はおそらく2023年も巨人に残留すると思います。

おじである原監督も来年も続投するようですし、巨人に残留するのが1番いいでしょうね。

それから菅野投手は現在33歳で来シーズンで34歳になることから、メジャーでは30を過ぎると年齢を重ねるにつれて年俸や契約待遇などに大きな差が出ると言われています。

今シーズンの成績と来季34歳という年齢を考えると、巨人以上の契約を勝ち取れる可能性が極めて低いことから菅野投手はメジャー移籍を断念して結局巨人に残留することになるのではないでしょうか?

菅野智之は2023年メジャーに移籍する?まとめ

  1. 2022年7月1日現在、今シーズンの成績が6勝5敗、防御率3.18という数字を考えるとメジャーからいい契約を貰えるとは思えないので、条件面や環境面も大事にする菅野投手は巨人に残留する可能性が高い
  2. 叔父である原監督も来シーズンも続投するようなので、そういう意味でも菅野投手は巨人に残留する
  3. メジャーでは30歳を過ぎると年々待遇面などで契約がシビアになってくるようなので、今シーズンの菅野投手の成績を考えると巨人に残留した方が賢明

菅野投手のメジャー移籍についてまとめるとこのようになりました。

おそらく菅野投手は海外FA権を行使せず、ジャイアンツに残留するんじゃないでしょうか?

続報など入り次第、またこの記事を更新したいと思います。

error: Content is protected !!