プロ野球

原監督グータッチはいつから始めた?理由についても!

読売ジャイアンツ(巨人)の原監督と言えばグータッチ。

巨人の監督に就任した1年目の2002年からグータッチを始めたそうです。

東京オリンピックでもグータッチをする選手が世界各国でも浸透しており、原監督すごい!とSNSでも話題になっています。

このグータッチは手話では「行動する」という意味があるそうです!

とても前向きですよね!1

では、原監督はなぜグータッチをするようになったのでしょうか?

原監督がグータッチをする理由はなぜ?

原監督が以前嵐の特番に出演した時に言っていましたが、ハイタッチだとどうしても
軽くなってしまって気持ちがこもらない。相手の目も見ないよね。

それに対して、グータッチは相手の目をしっかりと見ないとできない

自分の目を大きく見開いて、選手の目もしっかり見ながら気持ちを込めて選手1人1人とグータッチをすることで選手との間に絆も生まれるということでした。

以前に比べると原監督がグータッチをする頻度は減ってしまっていますが、それでもここぞ!という場面ではグータッチをしっかりとしています。

ちなみに、さまぁーずが巨人のキャンプを訪問した時も2人のリクエストに対して原監督は笑顔でグータッチをしていました。

原監督がグータッチまとめ

  1. 巨人監督就任1年目の2002年からグータッチを始めた
  2. 今や巨人だけじゃなく世界中の選手がグータッチをしている
  3. 原監督曰くハイタッチだとどうしても軽くなってしまう
  4. グータッチはお互いがお互いの目をしっかりとみないとできないので、選手との絆も生まれやすい
  5. グータッチをする時は原監督は目を大きく見開いて相手の目をよく見ながらグータッチをしている

原監督のグータッチについてまとめるとこのようになりました。

グータッチにはそこまで深い意味があったんですね!!

野球ファンのあなたは会話のネタにもなると思うので覚えておいてください。

error: Content is protected !!