プロ野球

青柳投手がワンバウンド送球する理由はなぜ?イップス?

昨年最多勝のタイトルを獲得し、今や阪神タイガースのエースに成長した青柳投手。

阪神ファンの人なら青柳投手のファーストへのワンバウンド送球は有名ですが、他球団のファンやあまりプロ野球をテレビで見ない方はあれ何?と思う人も多いことでしょう。

なぜ、阪神青柳投手はワンバウンド送球するのでしょうか?

青柳投手がワンバウンド送球する理由はなぜ?

青柳投手は元々送球難があり悪送球・暴投を連発してしまうことから、阪神ファンにも次第にしっかり投げろ!とヤジられるようになり、関西のスポーツ新聞などマスコミにも取り上げられるようになったことから送球イップスになってしまったそうです。

ファーストへの送球だけでなく、ホームに投げる送球も山なりのボールを投げていたことからも分かると思います。

阪神入団後送球難に悩み苦しんだ青柳投手は、投げ方がカッコ悪くてもアウトになればなんでもいいやと考えるようになり、自分自身でワンバウンド送球の練習を積み重ねたところ、それが上手くハマったので、試合でもワンバウンド送球をすることになったみたいです。

ただし、全部が全部ワンバウンド送球する訳ではなく、近距離の場合は一下から一塁手にトスし、アウトになるかどうかギリギリのタイミングの時はワンバウンド送球ではなく、従来通りダイレクトに送球することもあります。

あのイチローさんも高校時代はイップスに苦しんだようですし、やっぱり繊細な人ほどイップスになってしまうので、青柳投手はワンバウンド送球をマスターして上手くイップスから抜け出せたことは素晴らしいことですね。

その結果、投手としての成績も阪神タイガースで1.2を争うほど安定していますしね。

青柳投手がワンバウンド送球する理由まとめ

  1. 元々送球難があり、打球処理で悪送球・暴投を繰り返してしまい、阪神ファンにやじられ、関西のマスコミにも取り上げられるようになり、送球イップスになった
  2. 青柳投手は悩みぬいた結果、投げ方がカッコ悪くてもアウトになればいいやと考えるようになり、ワンバウンド送球の練習を開始
  3. それがうまくハマったので試合でもワンバウンド送球をするようになり、イップスを克服
  4. イップスを克服したことで投手成績も安定するようになり、阪神のエースに成長

以上、阪神タイガースの青柳投手がワンバウンド送球する理由についてまとめました。

今まさに送球イップスに悩んでいる人も多いと思います。

阪神青柳投手のようにワンバウント送球を1度練習してみてはいかがでしょうか?

error: Content is protected !!