プロ野球

阪神タイガース来季コーチ組閣予想2023

阪神タイガース矢野監督が今季限りで退任確実ということで、来シーズンの阪神タイガースの組閣を予想したいと思います。

最近のYoutubeや関西のマスコミの報道等の流れを見ていると、金本、矢野と優勝できなかったので次期監督は実績のある監督が望ましいということで、どうやら岡田彰布氏が最有力候補のようです。

岡田氏も最近の阪神タイガースを見ていて非常に不甲斐ないらしく、さらには年齢的にももうそろそろ監督をしないと厳しくなるということで、おそらく岡田彰布氏が次期監督になりそうな感じです。

そこで、勝手ながら来シーズンの阪神の組閣を予想してみました。

阪神タイガース来季コーチ組閣予想2023

役職 名前
1軍監督 岡田彰布
1軍ヘッドコーチ 今岡真訪
1軍打撃コーチ 正田耕三
1軍打撃コーチ 北川博敏(※残留)
1軍内野守備走塁コーチ 関本賢太郎
1軍外野守備走塁コーチ 桧山進次郎
1軍バッテリーコーチ 木戸克彦
1軍チーフ投手コーチ 中西清起
1軍投手コーチ 藤川球児
2軍監督 平田勝男(※残留)

 

勝手な予想ですが、1軍ヘッドは今岡真訪氏に就任してもらって、そのまま岡田氏の次の監督に世代交代するのが自然な流れだと思います。

今岡さんも岡田監督を2軍監督時代から慕っているようなのとロッテで経験があるので可能性として高いでしょう。

全員入れ替えてしまうとさすがにやりにくいので、岡田監督の元で阪神・オリックスでプレーしているペイこと北川1軍打撃コーチは残りそうな気がします。

他に監督候補でもある藤川球児氏を1軍投手コーチに呼びたいところ。

それから経験豊富で岡田彰布と仲がいい中西清起氏も1軍チーフ投手コーチとして呼ばれるかもしれません。

鳥谷敬さんも1軍内野守備走塁コーチで呼びたいところですが、まだ引退した間もないのですぐにユニフォームを着るか微妙なので、新人のころから岡田監督に世話になっている関本賢太郎氏にしました。

高代さんもオリックスで一緒にやっているので可能性としてあるのですが、年齢的に関本さんの方が可能性として高いように思います。

岡田彰布監督と長年一緒にやってきて岡田さんの考えをよく分かっている正田耕三氏、中西清起氏、高代延博氏、木戸克彦氏これらの中から2人は呼びそうな感じです。

外野守備走塁コーチは赤星さんを呼びたいところですが、体調面を考えると桧山さんの方が可能性として高い気がします。

2軍監督はそのまま平田さんがいいと思います。

阪神タイガース来季コーチ組閣予想2022まとめ

  1. 最近の関西のマスコミの報道等の流れから2005年優勝監督である岡田彰布氏が監督復帰する可能性が高い
  2. 1軍ヘッドにロッテで経験がある今岡氏を入れて、岡田監督の次の監督になりそう
  3. 全員入れ替えるとチームの内部事情が分かりにくいことから、現スタッフのうち北川打撃コーチのみ残留しそう
  4. 関本さん桧山さん等現役時代岡田監督の元でプレーした人が入閣濃厚
  5. 岡田監督の元でコーチ経験のある中西氏、木戸氏、正田氏、高代氏から2人ぐらいは入閣
  6. 鳥谷敬さんは引退して間もないことからもう少しネット裏で野球を勉強すると予想
  7. もう1人の次期監督候補、藤川球児氏も1軍投手コーチとして入閣する可能性がある

阪神タイガースの来シーズンの組閣についてまとめるとこのようになりました。

あくまで私の勝手な予想も含まれているので参考程度にしてください。

おそらくシーズン終了後には発表されると思うので楽しみに待ちたいと思います。

error: Content is protected !!