プロ野球

糸原を5番に起用する理由はなぜ?大山や糸井はダメ?

プロ野球の2022年シーズンも間もなく開幕しますが、阪神タイガースはどうやら3番マルテ、4番佐藤輝明、5番に糸原を起用しそうな感じです。

阪神ファンからも不満が爆発し、SNSではトレンドにもなっていました。

本来5番と言えばクリーンアップで長打を打つ選手を置くのが一般的で、阪神なら5番には大山選手もしくは糸井選手を起用するのが普通だと思うのですが、なぜ長打もない糸原選手を5番に起用するのでしょうか?

糸原を5番に起用する理由はなぜ?

阪神の井上ヘッドコーチ曰く、現状阪神打線の中で最も選球眼があって、最も進塁打を期待できる選手が糸原選手だからだそう。

特にサードランナーがいる場面では、糸原選手はヒットだけでなく、犠牲フライも打てるし、絶妙な内野ゴロも打てるし、1点も取れる確率ので5番に糸原選手を置いているとのことでした。

大山選手は春先は例年調子が悪く、今年もオープン戦で結果を残していないことから、調子が上がってくるまでは7番で気楽に打たせたいという矢野監督の考えがあるみたいです。

それから糸井選手の5番は、佐藤輝、糸井とクリーンアップに左打者が続くので、右の糸原選手を5番に据えた方がジグザグ打線を組めるというのもあるようです。

ファン目線でいうなら、やっぱり試合でホームランを見たいし、ホームランが打てる選手を5番に置いて欲しいんですが、阪神タイガースのチーム事情を考えると糸原選手の5番が適任ということみたいです。

糸原5番阪神ファンの声

阪神ファンのツイッターでの声は反対7割、賛成3割ぐらいの意見でした。

やはり反対派の意見の方が多いようですが、糸原はしぶとい打撃が出来るので悪くはないという声もあります。

糸原を5番に起用する理由まとめ

  1. 矢野監督、井上ヘッド曰く糸原は選球眼が良く、ヒットだけでなく進塁打、犠牲フライ等しぶとい打撃をすることから、1点を確実に取れるので5番に置いている
  2. 大山選手は春先調子が悪く、今年のオープン戦の状態も悪いので最初は7番あたりで気楽に打たせたい
  3. 糸井選手を5番に置くと4番佐藤輝、5番糸井で左打者が続いてしまう

以上、糸原を5番に起用する理由についてまとめました。

個人的にはやはり大山選手の5番の方がホームランがある分、相手投手も怖いですしいいと思います。

error: Content is protected !!