受験

関東有名私大序列とランキング2022一覧

関東の有名私立大学の序列とランキングについて紹介しています。

まず、首都圏の私大には、早慶上智(早慶上理)・MARCH(GMARCH)・日東駒専・成成明学獨國武・四工大・大東亜帝国などいろんな呼称があります。

さすがに早慶上智やMARCHまでは知っていても関東以外の受験生の中にはピンと来ない人も多いと思います。

関東の私大の序列はどのようになっているのでしょうか?

関東有名私大序列とランキング2022一覧

トップは言わずと知れた早慶上智(早稲田・慶応・上智)の3大学です。

難易度は多少学部によって違いはありますが、一般的に、慶応>早稲田>上智の順。

文系学部の場合、早慶上智なんですが、理系の場合はこれに東京理科大を加えて、早慶上理とする場合もあります。

次に来るのが、MARCH(明治、青学、立教、中央、法政)の5大学。

それぞれの頭文字からMARCHとなっており、MARCHにほぼ同難易度の学習院大学を加えて、最近GMARCHとも呼ばれることも多いです。

MARCHの難易度は、MARCH最難関の中央大学法学部など多少学部によって差はありますが、明治>青山学院>立教>中央>法政)学習院とされています。

MARCHの中では青学が文系キャンパス青山に移転により近年難易度がかなり上がってきています。

マーチと学習院は関西の関関同立(関大・関学・同志社・立命館)と比較されることが多いですが、MARCHの方が難易度が高くなってきています。

 

その次が偏差値でいうと成成明学獨國武の6大学。

成蹊大・成城大・明治学院大(明学大)・獨協大・國学院大・武蔵大を指します。

こちらは関東近郊の受験生からの入学者が多く、地元占有率も高いので知名度的には日大を始めとする日東駒専の方が有名だったりします。

その次に来るのが日東駒専(日本大・東洋大・駒沢大・専修大学)の4大学。

こちらの4大学はさほど差はありませんが、東洋>専修>駒澤>日大の順に難しいとされています。

日大がいろんな問題があったことで、近年やや偏差値を落としています。

関西で言う、産近甲龍(京産大・近大・甲南大・龍谷大)と同レベルです。

他に理系に特化した四工大というのがあります。

芝浦工業大・東京電機大・東京都市大・工学院大の4大学を指します。

四工大は有名企業就職率も良く、日東駒専よりもいい企業に就職出来る学生が多いので、理系の受験生にはぜひともおすすめしたい大学群です。

最後に大東亜帝国。
大東文化大学・東海大学・亜細亜大学・帝京大学・国士舘大学の5大学を指します。

難易度的にはそこまで変わらないのですが、この中でもっとも難しく最もメジャーなのが東海大学です。

関東有名私大序列やランキング2022まとめ

関東の私立大学の序列は、早慶上智(早慶上理)>MARCH(GMARCH)>成成明学獨國武>四工大・日東駒専>大東亜帝国の順に難しくなっています。

他に、やや知名度が低いですが、関東上流江戸桜(関東学院・上武、流通経済、江戸川大学、桜美林大学)という大学群もあります。

関東地区以外の受験生の方はあまり馴染がないと思うものも含まれますが、受験校を決める際などぜひ参考にしてみて下さい。

error: Content is protected !!