スポーツ

J2優勝候補予想2022!優勝賞金についても!

サッカーJリーグが2022年2月18日に開幕します。

J2の優勝賞金は1位が2000万円、2位が1000万円、3位が500万となっています。

J1の優勝賞金は1位が3億、2位は1億2000万、3位が6000万となっており、J2とJ1の優勝賞金では1桁違い、やはり差がどうしてもあります。

今年のサッカーJリーグJ2はどこが優勝するのでしょうか?

Jリーグ(J2)優勝候補予想2022!

大分トリニータ

J2に降格してしまったものの、それまでの3年間はJ1で戦っていたチームで、その内の2年間は中位の成績を収めていました。

さらに、昨年の天皇杯では川崎フロンターレを破り決勝でも浦和レッズにはあと一歩及ばなかったがチームとしての完成度は高く、天皇杯準優勝とゆう形で締めくくっています。

チームの軸となるチームキャプテンのGK高木選手や、昨季チーム得点王の町田選手などの主力選手の多くが残留しており、J2の中では優勝の可能性は高いと思います。

懸念点として長年率いてきた片野坂監督がチームを離れ新監督の下平監督になる事。

とは言え、下原監督も実績がありJ1での戦い方も熟知しておりJ2の最優秀監督賞も受賞しているだけに監督の戦術が浸透していけば去年より更に完成度の高いチームへと変わる事も考えられます。

昨年天皇杯を勝ち上がった勝負強さから優勝まではいかなくともJ1に復帰する可能性はかなり高いと思います。

 

横浜FC

2020年と2021年の2年間はJ1リーグで戦っていたチームで、昨季は最終的にJ2に降格してしまいましたが、リーグ戦終盤には上位の横浜マリノスと引き分けたり、鹿島アントラーズに勝利するなど来季を期待させる戦いは見せていました。

戦力的にみると川崎フロンターレから長谷川選手が入り、昨季途中に加入したサウロミネイロ選手の残留、J1でも実績十分な渡邉千真選手や伊藤翔選手、再起を目指す小川航基選手、千葉での活躍も記憶に新しいクレーべ選手、セリエAでの経験もあるフィリペビゼウ選手など他を圧倒していると思います。

守備に少しだけ課題があるように感じますので、勢いた得点力を考えるとJ1昇格、そして優勝もあると思います。

V・ファーレン長崎

昨年のJ2リーグの中でもトップクラスの攻撃力を誇りここ近年でも安定して上位に名を連ねています。

主力選手の残留に加えて松田監督の残留も決まり次節に向けてある程度計算ができる点もプラス材料です。

サイドバックの毎熊選手が抜けてしまったのは残念だが新加入のクリスティアーノ選手がそれを補っても余りある強力な補強となったので、ボランチの「カイオ・セザール」と昨年の得点源の「エジガル・ジュニオ」のブラジル人トリオが完成されることで、J2の中では頭一つ抜き出た攻撃力になると思います。

個人的には強靭なCFの都倉賢も活躍してくれると思います。ディフェンス陣も多少の入れ替えはあるものの、攻撃力と守備力のバランスは取れていると思うので大丈夫でしょう。

サッカーJ2優勝候補予想2022!まとめ

  1. 昨年天皇杯準優勝の大分トリニータ、J1で来季につながる粘り強さを発揮した横浜FC、ブラジル人トリオで攻撃力が強化されたV・ファーレン長崎を優勝候補として予想
  2. J2は優勝賞金が1位で2000万、2位で1000万、3位で500万とJ1に比べると1桁賞金が低い

以上、サッカーJ2の優勝チームや賞金についてまとめてみました。

J1だけでなくJ2も応援してサッカー界を盛り上げていきましょう!