受験

難関私大志願者数速報2022一覧と動向まとめ

早慶上理・GMARCH・関関同立2022年の難関私大の志願者数速報をまとめました。

事前予測では上記14大学どの大学も志願者数がかなり増加すると言われていましたが、実際はそうでもなかったようです。

まだ確定していない大学も多いですが、現時点で分かる範囲で志願者数をまとめました。

早慶上理・GMARCH・関関同立志願者数速報2022一覧

※2月3日(木)現在

※早慶上理

大学名 2022年志願者数 2021年志願者数
早稲田大(※確定) 9万3843人(102.3%) 9万1659人
慶應義塾大(※確定) 3万7892人(103.3%) 3万6681人
上智大(※確定) 2万2503人(85.7%) 2万6269人
東京理科大(※未確定) 5万1510人(104.5%) 4万9301人

早慶上理は上智が大幅に現時点で志願者数を減らしています。

※GMARCH

大学名 2022年志願者数 2021年志願者数
明治大(※未確定) 10万1935人(102.4%) 9万9470人
青山学院大(※確定) 4万7839人(119.2%) 4万123人
立教大(※確定) 6万2646人(95.7%) 6万5475人
中央大(※確定) 6万3341人(82.1%) 7万7357人
法政大(※確定) 10万6955人(117.6%) 9万948人
学習院(※確定) 1万6621人(97.2%) 1万7108人

GMARCHでは青学のと法政の志願者数増加が著しいです。

立教はやや志願者数を減らしています。

中央大は学部間併願を廃止したので志願者数が減っていますが、難易度はそこまで変わらないでしょう。

※関関同立

大学名 2022年志願者数 2021年志願者数
関西大(※確定) 7万5241人(98.0%) 7万6747人
関西学院大(※確定) 3万7217人(113.3%) 3万2836人
同志社大(※確定) 4万5577人(103.2%) 4万4143人
立命館大(※確定) 7万8960人(104.8%) 7万5344人

関関同立の中では関学が大幅に志願者数を増加。

同志社は微増、関大は微減、立命館はもう少し伸びそうな感じです。

難関私大志願者数動向まとめ

  1. 事前予測で言われていたほど志願者は大幅に増えていないものの、全体的に志願者は増えている
  2. 難関私大の中で志願者を大幅に増やしたのは青学・法政・関西学院の3大学
  3. 逆に志願者を減らした大学は上智・立教・中央・関西大の4大学

早慶上理やGMARCH、関関同立は少子化の影響はまったく受けていないことがよく分かる結果となりました。

最新情報は随時追記していきたいと思います。

error: Content is protected !!