その他

ヴィレッジヴァンガードアメリカ村店閉店理由はなぜ?跡地に入るテナントは何?

大阪・心斎橋にあるヴィレッジヴァンガードアメリカ村店が2022年6月30日で閉店することが決定しました。

まだ閉店前で半年近くありますが、アメ村のヴィレッジヴァンガードを頻繁に利用していたお客さんからは寂しいという声が多数あり、閉店を惜しむ声もたくさんありました。

都会のど真ん中にある店舗でアクセスも非常にいい店舗なだけになぜ閉店してしまうのか?気になる人もいると思います。

そこで、なぜヴィレッジヴァンガードアメリカ村店は閉店してしまうのか?
理由を考えてみました。

ヴィレッジヴァンガードアメ村閉店理由はなぜ?

ヴィレッジヴァンガードはアメ村店に限らず、関西なら神戸三宮店、関東なら東急スクエア店、八王子店など大型店が閉店に追い込まれています。

ヴィレッジバンガードは今不採算店舗をどんどん閉店しており、変革の時期に来ているようです。

ヴィレッジヴァンガードは大阪ミナミエリアでいうと、なんばになんばパークス店があり、心斎橋にはアメ村店だけでなくOPA店もあることから、近隣に店舗を増やし過ぎてしまって採算が取れなくなったというのはあるでしょう。

一昨年から続く新型コロナウイルスの影響により、梅田や心斎橋・なんばの繁華街に出て買い物するお客さんは激減し、国内や海外からの観光客も激減していることから売上不振に陥ってしまったのが原因だと思われます。

そこで距離的に近い心斎橋のアメリカ村店とOPA店を統合することで、分散していたお客さんを1つに集約し、家賃や人件費等の経費も削減する意味合いが強いと思います。

他に、道頓堀にはドン・キホーテの大型店が出来たこともあって、ヴィレッジヴァンガードで扱う商品と被る商品も多いので、お客さんがそっちに流れてしまったというのも今回の閉店につながった理由の1つとしてあると思います。

ヴィレッジヴァンガードアメ村店跡地に入るテナントは何?

2022年7月以降ヴィレッジバンガードのアメリカ村店の跡地には何が入るのか今のところ決まっていないようです。

あくまで私の予想ですが、コロナが落ち着くまでしばらく空き地になりそうな予感です。

アメ村の一等地にあるので、コロナが落ち着き次第、飲食店やアパレル・美容室などが跡地に入る可能性が高いように思います。

こちらに関しては正式な情報が入り次第、追記したいと思います。

ヴィレッジヴァンガードアメ村閉店理由や跡地まとめ

  1. ヴィレッジヴァンガードは現在不採算店舗をどんどん閉店していっている
  2. 大阪ミナミには、なんばパークス店、心斎橋OPA店、アメリカ村店と3店舗あり、近隣に店舗を増やし過ぎて採算が取れなくなったと思われる
  3. 心斎橋OPA店とアメリカ村店を統合し、分散していたお客さんの集約と家賃等の経費の削減をすると思われる
  4. 跡地にはまだ何が入るか決まっていないが、コロナが落ち着くまで空き地になるのではないか?と予想

ヴィレッジヴァンガードアメリカ村店閉店についてまとめるとこのようになりました。

私自身も何度か利用したことがある店舗だけにこのニュースは寂しいですが、閉店までに1度足を運んで買い物したいと思います。

error: Content is protected !!