受験

数学1A共通テスト2022は難しかった?得点調整はある?感想まとめ

2022年1月16日に大学入学共通テスト2日目が実施されましたが、数学1Aが難しかったという声が特に多かったです。

今年の共通テストでは数学1Aの他に国語、日本史Bも難化したという声が多かったですが、体感的に数学1Aが難しいという声が他のどの科目よりも圧倒的に多い印象。

一方で、数学難化は毎年のことで、普通に解けたよという声もツイッターでありました。

実際のところ今年の共通テスト数学は難しかったのでしょうか?

数学1A共通テスト難し過ぎ?

まず、河合塾・駿台予備校&ベネッセ・代々木ゼミナール・東進ハイスクールなど大手予備校の解答速報の総評をチェックしてみました。

※数学IA予備校の総評

予備校名 総評
河合塾 難化
データネット(駿台・ベネッセ) 難化
代々木ゼミナール やや難化
東進ハイスクール やや難化
科目名 駿台&ベネッセ予想 河合塾予想 平均
数学1A 38 38 38

難しいと言われている国語や日本史B、地理Bでは予備校によっては昨年並みになって意見が割れていたのですが、数学1Aは見事にどの予備校も難化と予想!

続いて受験生の感想をまとめてみました。

数学1A共通テストB2022受験生の感想まとめ

数学1A共通テストB2022得点調整はある?

数学1Aは文系数学選択者が多数受験している科目ですが、私大受験では選択科目間(日本史、世界史、地理、政治経済、文系数学)の間で得点調整があります。

しかし、共通テストでは数学の得点調整は基本的に行われないようです。

あまりに平均点に差が出るようなら、受験生や受験関係者から相当なクレームが出そうですよね。

数学1A共通テスト2022まとめ

  1. 他のどの科目よりも数学1Aは難しかったという意見が多数
  2. 大手予備校の分析でも数学1Aはどの予備校も難化と予想
  3. 数学1Aの予備校の平均点予想は38点と歴代最低
  4. 共通テストでは文系数学と社会科目間での得点調整は基本的に行われない

SNS上でも「難しかった」「激ムズ」といった書き込みが相当目立っていたのが数学でした。

受験は水ものと呼ばれるように数学は問題によって一気に点が変わってしまう科目なので、安定性にはどうしても欠けてしまいます。

一方で、文系数学の場合、私大受験では当たれば満点も狙える科目で合格に一気に近づく科目でもあるだけにギャンブル性の高い教科でもあります。

数学1Aは受験生みんな出来ていないようなので、尾を引くことなく、気持ちを切り替えて次の私立大学の試験や2次試験に向かって何とか頑張って欲しいと思います。

error: Content is protected !!