受験

地理B共通テスト2022難し過ぎ?受験生の感想まとめ

2022年1月15日(土)に第2回大学入学共通テストが実施されましたが、選択科目である地理Bが難し過ぎなんじゃないの?とトレンドになっていました。

不安になっている受験生も多いと思うので、今年の地理Bはいったいどれぐらい難しかったのか?大手予備校や受験生の声などをまとめたいと思います。

地理B共通テスト2022難し過ぎ?

受験生の間では地理Bが難しかったという意見が多かったように思うのですが、河合塾・駿台予備校&ベネッセ(データネット?・代々木ゼミナール・東進ハイスクールなど大手予備校の解答速報の分析結果は予備校によって異なるようです。

以下のように、河合塾はやや難化と予想しており、駿台&ベネッセはやや易化、代ゼミ、東進ハイスクールは昨年並みと予想しています。

予備校名 総評
河合塾 やや難化
データネット(駿台・ベネッセ) やや易化
代々木ゼミナール 昨年並
東進ハイスクール 昨年並

続いて受験生の感想をまとめてみました。

地理B共通テスト2022受験生の感想まとめ

実際にツイッターで地理Bは難化したのか?アンケートを取っている人が複数いたのですが、大体6割ぐらいの受験生が難しかったと回答。

日本史もそうでしたが、今年の共通テストは総合力や資料を読み取る力、さらには考える力を受験生に試している傾向があり、暗記に依存した勉強をしている受験生はなかなか苦戦しているようですね。

昨年の平均点は60点だったので、今年は60点を若干下回って58点ぐらいになると個人的には予想します。

地理B共通テスト2022まとめ

  1. 大手予備校の分析では河合塾のみやや難化と予想しているが、SNSで実際に受験した受験生の声をまとめると大体6割ぐらいの受験生が去年より難しかったと回答
  2. 地理Bに限らず、地歴科目の今年の共通テストは暗記に依存した勉強をしている受験生ほど点が取れていない傾向にある
  3. 昨年の共通テストの平均は60点だったが、今年は58点ぐらいになるのでは?と私は予想

共通テスト2022地理Bについてまとめるとこのようになりました。

得点調整も気になるところですが、今年はないんじゃないでしょうか?

平均点は若干下がるかなという印象です。

error: Content is protected !!