受験

共通テスト無断欠席・ドタキャンは学校や予備校にバレる?

2022年1月15日に大学入学共通テストが実施されましたが、思ったよりも点数が取れなくて絶望してしまっている方、共通テストはあくまで場慣れの為に受験して国公立大は受験せず、私立大しか受験しない方、いろんな方がいると思います。

前者の思ってたより点数が取れなかった方は、問題が難しくて他の受験生も同じことを思っているかもしれないので、諦めずに2日目も受験して欲しいと思います。

受験なんて何が起きるか分からないので明日高得点を出して挽回できるかもしれません。

しかしながら、逃げ出したい受験生もいることでしょう。

今回はもし大学入学共通テストを無断で欠席した場合、学校側に連絡がいくのか?

これについてまとめたいと思います。

共通テスト無断欠席・ドタキャンは学校にバレる?

共通テストを無断で欠席しても、運営側からあなたの在籍している学校や予備校に連絡がいくことはありません。

共通テストは何十万人も受験している訳なんで、無断欠席する受験生もそれだけたくさんいる為、運営側がイチイチ連絡なんてしないからです。

よって、無断欠席、当日ドタキャンしようが学校や予備校にバレないということになります。

ちなみに、昨年の共通テストは新型コロナウイルスの影響で、私大しか受けない受験生の当日ドタキャンが非常に多かったそうです。

今年も急激にコロナが増えている状況なので、無断欠席自体は多いと思います。

共通テスト無断欠席・ドタキャンまとめ

  1. 共通テストを無断欠席、当日ドタキャンしても運営側はいちいちあなたの在籍している学校や予備校に連絡を入れない
  2. よって、無断欠席が学校や予備校にバレることはない
  3. 去年は新型コロナウイルス拡大の影響で私大しか受けない受験生のドタキャンが多かった

大学入学共通テストの無断欠席・ドタキャンについてまとめるとこのようになりました。

バレることは基本的にないですが、どうしてもの場合を除いて無断キャンセルはしないようにしましょう。

冒頭でもお伝えしたように点数があまりにひどかったとしても平均点が一気に下がっているかもしれないし、場合によっては得点調整で点数が上がるし、受験なんて何が起きるか分からないからです。

基本は最後まであきらめない姿勢が大事なのでそこは肝に銘じて下さい。