阪神タイガースの来季新外国人候補である
パトリック・ウィズダム内野手選手の成績をまとめます。

●2018年シーズン成績

※メジャー

32試合 打率260 4本 13打点

※3A

113試合 打率288   15本 61打点

総評

ウイズダム選手は主にサードとファーストを守れる右の大砲。
3Aでは通算100発、昨年には31発ホームラン89打点をマークするなど
長打力が魅力。

ただ、調べた限りストレートに強いものの、変化球にやや弱く、
一発のある一方で三振も多いバッターとの情報も

これならロサリオと同じようなタイプの選手な気がしますが、
実際のところ生で見てみないことには分かりません。

守備力自体はあるようでサードも上手にこなし、
ファーストも問題なく守れるそうです。

あと今シーズン3Aで12盗塁しており、足も使える選手。
ロサリオより守備力、機動力があるのは間違いなさそうです。
他に年齢はまだ27歳、来季28歳と若いのも特徴。

もし入団するならば、
ナバーロと大山とポジションを争うことになるのか?
今後の動向を見守りたいと思います。