プロ野球

日本シリーズ2021MVP候補予想!賞金はいくら出る?

東京ヤクルトスワローズ対オリックスバファローズの日本シリーズも後半戦に差し掛かってきており、現在ヤクルトが3勝1敗と王手をかけています。

どこで、今年の日本シリーズはいったい誰がMVPを獲得するのか?
MVP候補の選手をまとめてみました。

日本シリーズ2021MVP候補予想!

1 高橋奎二(ヤクルトスワローズ)

高橋奎二投手は日本シリーズの第2戦に先発するとは誰も予想していない展開で、早めの継投で投手リレーをするのかなと思いきや、コーナーに力強い速球と緩急の効いた変化球を織り交ぜてし、オリックス打線を完全に封じ込み完封勝利。

日本シリーズのセリーグ連敗記録を13で止め、自身もプロ初完封。

ヤクルトにとってもこの1勝は非常に大きく、流れがヤクルトに来ているので、ヤクルトが優勝をすれば高橋奎二投手のMVPの可能性は非常に高いのではないのかと予想しております。

2 サンタナ(ヤクルトスワローズ)

サンタナ選手は日本シリーズでの打撃成績は絶好調というまではいかないですが、大事な場面、ここで一点が欲しいという場面で、しっかりと仕事をしており、「シリーズ男」になっているような印象です。

短期決戦では中々シーズンのような結果を残す事が難しいと言われているので、チーム内にラッキーボーイ的な存在がほしいのですがサンタナ選手がまさにその選手。

記録よりも記憶に残る選手ですが、大事な場面で大活躍しているので、日本シリーズのMVPに選ばれてもおかしくはないと思います。

3 中村悠平(ヤクルトスワローズ)

サンタナ選手や高橋投手のように目立った活躍はないものの、チーム一の打率で大事な場面でのタイムリーやつなぎのバッティングが勝利に大きく貢献しており、リード面・配球面も日本シリーズで冴え渡っていることから影のMVPは中村捕手なんじゃないか?という意見も多数あります。

中村捕手のリードあっての高橋投手の完封、41歳石川投手の5回1安打での勝利があるので、今シリーズのMVP候補には間違いなく入っているでしょう。

4 宗佑磨(オリックスバファローズ)

日本シリーズでは第4戦までに2番サードで先発出場し、第4戦までに17打数6安打、打点は3とチーム一番の安定した成績を残しています。

オリックスが日本一になれば、宗選手が十分MVPを取ることもあり得ます。

山本由伸投手、吉田正尚外野手が今一つの今シリーズですから、これからもうひと活躍があれば宗選手がMVPに選ばれてもおかしくはないでしょう。

日本シリーズ2021MVP賞金はいくら?

日本シリーズのMVPの賞金はおよそ700万円と言われています。

これを高いとみるか、安いとみるかは人それぞれだと思いますが、一般的には40代・50代のサラリーマンの平均年収よりもやや多いぐらいであり、高いと言えるでしょう。

チームが日本一になると、民放各局から50万円ずつ賞金が出るという話なのですが、250万円しか入らないので、個人でMVPを狙っていった方が多く稼げるということになります。

日本シリーズ2021MVP候補予想や賞金まとめ

  1. 第2戦で完封勝利を収めた高橋投手、逆転ツーラン、先制ホームランなど大事な場面で活躍中のシリーズ男サンタナ選手、チームイチの打率でリード面や配球面でも冴えわたる中村捕手がMVPの候補として名前が挙がっている
  2. 個人的には高橋投手かサンタナ選手が受賞すると予想
  3. 日本シリーズの賞金はMVPで700万円、チームが日本一になると250万円が贈られる

日本シリーズのMVPについてまとめるとこのようになりました。

今のところヤクルトスワローズ優勢ですが、オリックスに頑張ってもらって何とか第6戦、第7戦まで戦ってもらって久しぶりに神戸での日本シリーズも見たいと思います。