メディア

M1グランプリ吉本ばっかり優勝するのはなぜ?非吉本は不利?

M1グランプリというとほとんどが吉本興業所属の芸人が優勝したり、決勝進出したりします。

実際のところ過去のM1グランプリでは第2回のますだおかだ、第4回のアンタッチャブル、
第7回サンドウィッチマン、全16回中3回しか吉本以外の所属事務所のコンビが優勝していません。

では、なぜM1グランプリでは吉本ばっかりが優勝するのでしょうか?

M1グランプリ吉本ばっかり優勝するのはなぜ?

まず、吉本芸人ばかり優勝するのは吉本は大阪・東京だけでなく常設の劇場を全国主要都市に何個も持っているので、吉本以外の芸人に比べて圧倒的に場数が多いことが挙げられます。

吉本芸人は場数が多い分、それだけ経験もしている訳ですし、アドリブも効きます。

劇場の出番だけでなく営業も多数こなしているので、それだけ強いということです!

他の事務所の芸人は営業に行くことはあれど、自前の劇場がないことがほとんどであることから、どうしても場数をこなしていないので圧倒的に経験の面で吉本所属の芸人の方が有利になります。

続いて、単純に吉本興業所属の芸人のM1にエントリーする数が他の事務所に比べて圧倒的に多いことが挙げられます。

M1出場者のうち全体の4割から5割が吉本所属という話もあり、他の事務所に比べて人数が圧倒的に多いのでそれだけ優勝者も多いですし、決勝進出者もどうしても多くなります。

それから、M1グランプリの主催者がABC(朝日放送)と吉本興業だからというのは間違いなくあるでしょう。

M1グランプリは元々当時吉本興業のトップ芸人だった島田紳助さんがお笑い芸人がM1によって売れるきっかけを掴んだり、逆に才能がない人には辞めるきっかけを作る為に企画して出来た大会です。

M1は吉本興業主催だから当然吉本所属の芸人を売りたい訳ですし、制作局であるABCも大阪の放送局で吉本興業とつながりが昔から非常に深いです。

となると、どうしても吉本有利になることは間違いないでしょう。

M1グランプリ吉本ばっかりなのはなぜ?まとめ

  1. 吉本は大阪・東京だけでなく自前の常設の劇場を何個も持っているのと、営業にも行くので吉本の芸人はそれだけ場数をこなしている
  2. 吉本以外の芸人は所属事務所が自前の劇場を持っていないことが多く、場数がどうしても足りていない
  3. M1に参加する芸人のうち4割から5割は吉本興業所属の芸人という話で、人数が多い分それだけ吉本が優勝する可能性も決勝に残る可能性も高い
  4. M1グランプリの主催者が吉本興業とABC(朝日放送)なので吉本が圧倒的に有利になる

M1で吉本が強い理由をまとめるとこのようになりました。

最近はあまりに吉本勢の優勝が多すぎるのが気になるところです。

吉本以外の非吉本所属の芸人さんにも頑張って欲しいです。