プロ野球

田中将大は2022年メジャーに復帰する?それとも楽天残留?

今年東北楽天ゴールデンイーグルスに電撃復帰した田中将大投手。

楽天とは年俸9億円の2年契約を結んでいるものの、本人が希望すれば球団との話し合いの末、1年でメジャー復帰できる契約を結んでいると言われています。

田中将大投手本人はメジャーにもやり残したことがあると日本復帰会見の際に言っていたので、メジャー復帰したい気持ちは強いようにも思えます。

そんな田中将大投手ですが、2022年メジャーに復帰するのでしょうか?

田中将大は2022年メジャーに復帰する?それとも楽天残留?

おそらくなんですけど、田中将大投手はもう1年楽天イーグルスでプレーすると思います。

理由はいくつかあって、1つはもう1年日本でプレーすると海外FA権を取得できるので自然な形でメジャーリーグに復帰できるから。

もう1つは田中将大投手自身今シーズンの成績に納得していないでしょうから、やはり日本でちゃんとした成績を残した上でメジャーに復帰したいという想いが強いと思うから。

この2点です。

田中将大投手の今シーズンの成績は、22試合に登板して4勝8敗、防御率3.11という数字を残しています。

残り試合を考えるともう1勝ぐらいは勝つかもしれないですが、年俸9億円でたった4勝となると本人も納得できないでしょうし、メジャーからいい条件のオファーが来るとは思えません。

防御率こそ3.11と悪くはないですが、全盛期とはほど遠い成績ですし、日本で群を抜いた実績を残した上でメジャーに復帰する方がいいように思います。

あともう1つ理由があって、新型コロナウイルスの影響はワクチンなどもあって、もう大分落ち着いてきましたが、まだ来シーズンも完全に落ち着いているとまではいかないと思います。

アメリカでは新型コロナウイルスのアジア人に対する偏見なども多少あるようなので、里田まい夫人や家族のことを考えると、もう1年日本でプレーした方がプライベートの面でも環境の面でも安全なので、来年はメジャーに復帰せずもう1年日本でプレーすると思います。

田中将大は2022年メジャーに復帰する?まとめ

  1. 田中将大投手は楽天と年俸9億の2年契約を結んだが、本人の強い希望があれば球団と話し合いの上でメジャーに1年で復帰できる契約を結んでいる
  2. 今シーズン4勝8敗と年俸に見合った成績を上げられておらず、メジャーから楽天以上のいい条件のオファーが来るとは思えないのでメジャーに復帰せず楽天残留
  3. もう1年楽天でプレーすれば海外FA権を取得できるので、自然な形でメジャーへ復帰できる
  4. 新型コロナウイルスの影響が来年もまだ多少はあると思うので、メジャーよりも日本の方が安心してプレーできる環境が整っているのでもう1年楽天残留

田中将大投手についてまとめるとこのようになりました。

マー君自身も不甲斐ない成績ではメジャーに戻りたくはないと思うし、もう1年楽天でプレーして本人が納得できる成績を残して、海外FA権を取得してメジャーに復帰するのが1番いい形だと私は思います。

error: Content is protected !!