プロ野球

千葉ロッテマリーンズ次期監督候補2022!誰になるか予想!

千葉ロッテマリーンズの次期監督候補を予想したいと思います。

今年千葉ロッテマリーンズはオリックスバファローズと優勝争いをしており、来シーズンも井口監督が続投することは間違いないと思います。

それから巨人の原監督ほどではないものの井口監督は球団フロントから全権に近いスタイルで監督を任されていることから長期政権になる可能性も十分あります。

なので、井口監督が退任してもチームにGM等のポジションで残る可能性が高いと思うのですが、そうなった場合誰が次期監督になるのか?まとめたいと思います。

千葉ロッテマリーンズ次期監督候補2022!

1 今岡真訪ヘッドコーチ

井口監督の同級生で大学時代から親友である今岡ヘッドコーチは阪神2軍で打撃コーチ、千葉ロッテで2軍監督、1軍ヘッドコーチと長年コーチを経験しており、井口監督が退任した場合、1番スムーズに監督に引き継げることは間違いないです。

ただし、今岡さんと言えば阪神タイガースのイメージが強いのでそこが唯一ネックになってくるとは思います。

2 鳥谷敬

井口監督と現役時代は一緒に自主トレを長年していた関係で阪神を戦力外になった鳥谷選手を井口監督は獲得に動きました。

鳥谷敬選手はおそらく今シーズンで現役引退となりますが、今岡ヘッドと同じようにそのままロッテに残って指導者としての道を歩み出す可能性は高いように思います。

鳥谷選手も阪神タイガースのレジェンド選手だけにロッテファンやロッテOBから反対の声が上がりそうなのでそこがネックにはなってくると思います。

3 里崎智也 

ロッテでは球界を代表するキャッチャーに成長し、侍ジャパンの金メダル獲得にも大きく貢献した里崎智也氏。現在Youtuberとしても活躍し、ロッテのOBの中では知名度が最もあって、実績もある選手だっただけに監督候補として真っ先に名前は上がるでしょう。

里崎氏は解説者としてかなり稼げているようなので、コーチとなると難色を示すように思いますが、監督のオファーなら快諾すると思います。

キャッチャー出身の監督は大成しやすいことから、里崎氏は次期監督候補の有力候補者でしょう。

4 福浦和也

ロッテの球団史上3人目の2000本安打達成者で18歳から43歳まで26年間ロッテ一筋で現役生活を全うした福浦氏は間違いなく次期監督候補として名前が挙がるでしょう。

地元千葉県出身ですし、ロッテファンに長年愛された男なので、生え抜きではない今岡ヘッドや鳥谷氏が監督になるよりも断然ロッテファンからの支持もあると思います。

5 落合博満

ロッテオリオンズ時代に三冠王を3回獲得し、いわばOBの中でもレジェンド選手である落合氏もロッテの次期監督候補として毎回名前が挙がります。

ただし、落合氏と言えばピッチャーは森繁和さんに全面的に任せることから、落合さんが監督になれば、2人揃ってロッテに入団することになるのですが、森氏はロッテからドラフト1位指名を拒否した過去があり、それがネックになってロッテの監督は出来ないという噂です。

千葉ロッテマリーンズ次期監督候補2022まとめ

  1. ロッテの次期監督候補として今岡ヘッドコーチ、鳥谷敬氏、里崎智也氏、福浦和也氏、落合博満氏などの名前が挙がっている
  2. ロッテファンからの支持が高いのは生え抜きOBである里崎智也氏と福浦和也氏
  3. 落合氏を呼ぶ場合、森繁和さんもセットで来る可能性が高いが森さんはロッテを入団拒否した過去があるので、落合監督の実現はかなり難しい

千葉ロッテの次期監督候補についてまとめると以上のようになりました。

井口監督は来シーズンも続投しますし、場合によっては長期政権になると思うのですが、あくまで参考程度にしてもらえたらと思います。

error: Content is protected !!