プロ野球

立浪和義中日次期監督はある?今まで監督になれなかった理由はなぜ?

中日ドラゴンズのレジェンド選手でミスタードラゴンズとも呼ばれている立浪和義氏。

いつ監督になってもおかしくないぐらいの実績がありながらも、なかなかチャンスもなく、
現役引退してから10年以上が経過していました。

そんな立浪氏ですがここにきて与田監督の次期監督最有力候補として立浪氏の名前が挙がっています。

そんな中日ドラゴンズですが、立浪監督は本当にあるのでしょうか?

また、今まで何度も監督候補に名前が挙がりながらもなれなかったのはなぜなのでしょうか?

立浪和義中日次期監督はある?監督になれなかった理由は?

結論から言うと、立浪和義中日ドラゴンズ新監督は十分あると思います!

まず立浪和義氏本人もドラゴンズの監督をやりたがっているようですし、中日から正式に監督就任のオファーがあれば監督要請は快諾すると思います。

解説や立浪さんがゲスト出演するYoutubeを見ていても、今のドラゴンズを見ていて非常に不甲斐なく感じるようで自分自身が監督になって変えたいという意欲も感じられます。

与田監督の後任は立浪和義氏、仁村徹2軍監督、山本昌氏このあたりだと私は予想しているのですが、この中でやっぱり1番華があるのは立浪和義氏。

立浪氏はPL学園高校時代から生粋のスター選手で、キャプテンとして甲子園で春・夏連覇を経験してからのドラフト1位でドラゴンズに入団していますし、人気面や全国的な知名度も抜群。

一方、仁村徹監督はチームのことはよく知っていても、知名度や人気、スター性でいうと立浪氏や山本昌氏に比べるとどうしても物足りず、ナゴヤドームの集客面や興行面から考えると立浪和義監督にするのがベストなような気がします。

山本昌さんも50歳までドラゴンズ一筋でプレーしてきたレジェンド選手で監督になってもおかしくないはずなんですが、名前がどこにも出ていないのでやはり立浪和義新監督が最有力候補なのかもしれません。

そんな立浪氏ですが、今までなぜドラゴンズの監督になれなかったのか?と言うと、球団トップの白井オーナーと馬が合わなかったからだと言われています。

現役時代の度重なる女性問題や反社会勢力との黒い交際疑惑等があり、球団側がかなり揉み消していたという噂もあるので、白井オーナーが断固として反対していたという話。

それが一転して白井オーナー退任後に、立浪和義氏は臨時打撃コーチとしてドラゴンズのユニフォームを着ることになりましたし、今はその問題も解消されて、次期監督最有力候補として立浪氏の名前が挙がっていると思います。

立浪和義中日次期監督まとめ

  1. 立浪和義氏本人自身ドラゴンズの監督をやりたがっているようなので、中日球団からオファーがあれば快諾すると予想
  2. 立浪、仁村2軍監督、山本昌氏の3人の候補者の中で1番華があって、集客面でも期待できるのが立浪氏。
  3. 白井前オーナーと馬が合わず、現役時代の素行面などよく思っておらず、立浪監督就任は断固として反対していたので、今まで監督になれなかった

立浪新監督の可能性についてまとめるとこのようになりました。

私の予想でもおそらく与田監督は今シーズンで退任して立浪新監督、井端ヘッドコーチの新体制でドラゴンズはいくと思います!