プロ野球

日本ハムファイターズ(日ハム)次期監督候補2022!誰になるか予想!

北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が今シーズン限りで監督退任することになりました。

コーチの経験もない中、さらには現役時代そこまで大した実績を上げていない中、栗山監督は丸10年間も日ハムの監督を務めたというのは相当すごいことだったと思います。

本来なら栗山監督は昨シーズンいっぱいで監督を辞めたがっていたらしいのですが、フロントが慰留したことでもう1年続けているという話もあります。

今シーズン日本ハムは中田翔の暴力問題や京セラドームでの円陣でに差別的発言等もあり、
マスコミからも非難の嵐で、何とかしてでもその悪い評判を払拭したいところ。

栗山監督は今シーズンいっぱいまでは指揮を執った後、そのまま責任を取って監督を辞任することになりました。

そんな北海道日本ハムファイターズですが、来シーズンから監督は誰になるのでしょうか?

日本ハムファイターズ(日ハム)次期監督候補2022!

来シーズンから日本ハムは稲葉篤紀監督でまず間違いないと思われていましたが、稲葉監督はGMとして編成面でチームを支えることが決定しました。

次期監督最有力候補は球団OBでもある新庄剛志さんです。

元々栗山英樹監督が去年いっぱいで監督退任の予定が1年伸びたのは、東京オリンピックが1年延期されて、侍JAPANの監督である稲葉篤紀氏の日本ハム監督就任が困難になったからという話もありましたが、中田翔の暴力問題など日ハムのイメージがかなり悪くなってしまった為、新庄剛志さんに次期監督をシフトチェンジしたようです。

新庄さんなら日ハムの悪いイメージを一瞬にして変えてくれそうですし、球界全体も盛り上がることは間違いないので興行面でもこの上ない人選だと思います。

ましてコロナでどの球団も経営が苦しいということなので、新庄さんが監督に就任することでそれをプラスに変えることが出来ますしね。

新庄剛志さんのツイッターのヘッダー画像は北海道・北広島市に建設中の新球場にいつのまにかなっていますし、本人も日本に戻ってきた理由はここにあると意味深なツイートをしていることから、正式に日ハムからオファーがあったことは間違いないでしょう。

2023年札幌ドームから北広島のボールパークに本拠地をファイターズは移転することから、タイミングもばっちりなので、日本ハムの新監督はまず間違いなく新庄剛志さんで決定だと予想されます。

稲葉さんはおそらく新庄さんの次の監督の可能性が高いように思います。

新庄さんや稲葉さんに他にもう1人可能性として名前が挙がっていたのは、小笠原道大ヘッドコーチの内部昇格です。

小笠原氏も将来の監督候補としてヘッドコーチで入閣しているだけに、当然監督昇格の可能性もあります。

ただ、今シーズン日ハムが優勝争いをしていて、栗山監督が惜しまれつつも監督勇退という形になるとそのまま小笠原ヘッドが内部昇格して監督就任する可能性もかなりあったと思うのですが、最下位というチームの現状を考えると、小笠原ヘッドも今シーズン限りでチームを去る可能性が高いと言えるでしょう。

日本ハムファイターズ(日ハム)次期監督候補2022まとめ

  1. 栗山監督は今シーズン限りで監督を退任する可能性がかなり高く、後任は稲葉篤紀氏でほぼ決まっているという噂だったが、日ハムの悪いイメージを払拭する為、新庄剛志さんにシフトチェンジ
  2. 稲葉氏はGMとしてファイターズや新庄新監督を支える
  3. 他に小笠原ヘッドの監督昇格の話もあったが、今シーズンの日ハムの成績を見る限り、現実的に難しく、小笠原ヘッドも今シーズン限りで退任の可能性が高い

北海道日本ハムファイターズの次期監督についてまとめるとこのようになりました。

このように稲葉新監督でほぼ間違いないと予想されます!

error: Content is protected !!