スポーツ

京都国際高校韓国語の校歌の理由はなぜ?

今年の甲子園で春・夏連続出場を決めた京都国際高校。

夏の京都府大会では強豪東山高校や京都外大西高校を破り、春の大会では京都成章高校を
破るなど着実に力を付けてきており、今後甲子園常連校になる可能性がかなり高いです。

そんな京都国際高校は甲子園で勝利すると校歌に韓国語の歌が流れます。

歌詞も日本語訳も併記されるものの、基本的にハングル文字になっています。

どうして京都国際高校の校歌は韓国語なのでしょうか?

京都国際高校韓国語の校歌の理由はなぜ?

京都国際高校は2004年に改称された名前で、元々は京都韓国高校・中学校と韓国にルーツを持つ在日韓国・朝鮮人主体の学校だった為、校歌も韓国語が現在も使用されています。

京都国際高校の理事長や校長先生も在日コリアンの方が務められており、現在でも韓国籍や朝鮮籍を持つ在日コリアンや帰化して日本国籍を持ちながらルーツは韓国・朝鮮になる韓国・朝鮮系日本人の生徒が在学生の半分を占めるという学校です。

京都国際高校は韓国でも正規校として認められている為に、高校を卒業すると、日本だけでなく韓国でも高卒資格を得られる学校でもあります。

京都国際の校歌に関して賛否両論あるようですが、学園側としては今のところ校歌を韓国語から日本語に変更の予定はなく、今後も韓国語の校歌を引き続き使用するようです。

ちなみに現在の京都国際高校の野球部のメンバーは韓国にルーツを持つ生徒もいるものの、
その多くは純粋な日本人生徒で監督も日本人監督です。

京都国際高校韓国語の校歌の理由まとめ

  1. 元々京都韓国高校という名前で在日コリアンの生徒や帰化して日本国籍は持つものの韓国・朝鮮系日本人の生徒がほとんどだった為、その名残で現在も韓国語の校歌が使用されている
  2. 京都国際高校の野球部のメンバーは韓国にルーツを持つメンバーもいるものの、現在ほとんどが純粋な日本人生徒が多い
  3. 理事長・校長などは在日コリアンの方が務めており、在学生の半分が韓国・朝鮮にルーツを持つ人が在籍している
  4. 甲子園で韓国語の校歌が流れることに関して賛否両論あるものの、京都国際学園は今のところ校歌を日本語に変更する予定はなく引き続き韓国語の校歌を使用する

まとめるとこのようになりました。

京都国際高校が今年甲子園初出場で韓国語の校歌が話題になりますが、京都国際高校が甲子園常連校になるとみんな聞きなれてしまって違和感もなくなると思います。

甲子園に来年も出れるように京都国際高校には頑張ってもらいたいですね!

error: Content is protected !!