メディア

石井亮次アナの経歴!出身高校や大学はどこ?

元CBC(中部日本放送)アナウンサーで現在はフリーアナウンサーの石井亮次さん。

ゴゴスマが名古屋ローカルからTBSでも放送されるようになり、さらには今年の春から地元大阪のMBSでも放送されるようになり全国ネット番組に昇格しました。

名古屋の放送局制作の情報番組で全国ネットというのは近年まったくなかった為、異例の大出世と言えるでしょう。

そんな石井亮次アナの経歴についてまとめてみました!

石井亮次アナの経歴!出身高校や大学は?

石井アナは地元の東大阪の公立小学校を卒業後、中学受験で同志社香里中学に合格。

同志社香里は大阪の私立中学でいうと、当時の偏差値では大阪星光学院・清風南海に次いで3番目に難しい私立中学で偏差値でいうと66ぐらいはあったと思います。

ただ、同志社香里中学の受験の前に奈良の名門私立中学などの受験に2回連続で失敗し、3度目の正直で何とか同志社香里中学に合格できたそうです。

その後同志社香里高校に内部進学し、東大阪の実家から近鉄電車とJR環状線・京阪電車を乗り継いで、寝屋川の香里園まで1時間以上かけて6年間通っていたそうです。

同志社香里高校卒業後、同志社大学文学部に内部進学。

1回生、2回生は京田辺キャンパス、3回生、4回生は今出川キャンパスまで通っていたそうで、MBSやABC、カンテレ・読売テレビ等在阪の放送局のアナウンサーになる為に、
フリーアナウンススクールに通っていたとか。

残念ながら4回生の時に就活が思うようにいかなかったようで、1年留年して再度アナウンサーにチャレンジし、在阪の放送局は残念ながら不合格になったものの、名古屋のCBCのアナウンサーに採用されることになり、20年ほど勤めた後、フリーアナになったようです。

ギャラに関しては大幅にアップしたと思われるようですが、フリーアナになった直後の収入は微増で、2021年関西でもゴゴスマが放送されるようになり全国ネットになった結果、ギャラもそこそこ上がったようですね!

石井亮次アナの経歴まとめ

  1. 地元大阪府東大阪市の公立小学校を卒業後、中学受験で同志社香里中学に合格
  2. 同志社香里高校にそのまま内部進学し、東大阪の実家から1時間以上かけて寝屋川まで通う
  3. 同志社香里高校卒業後、同志社大学文学部に進学し、アナウンサーのフリースクールに通う
  4. 大学4回生の時の就活に失敗し、1年留年して再度チャレンジし無事CBCのアナウンサーに採用される

石井アナについてまとめるとこのようになりました。

ちなみベストファーザー賞in関西で石井アナが言っていましたが、子供の時に高校野球のテレビ中継を見ていて、ABCの植草アナの甲子園は清原の為にあるのかー!という発言を聞いてアナウンサーになりたい!と思ったそうです。