プロ野球

呉昇桓(オ・スンファン)韓国KBO成績2021

元阪神タイガースのストッパーでメジャーリーグを経て現在韓国サムスン・ライオンズに在籍する呉昇桓(オ・スンファン)選手の韓国での成績を調べてみました!

阪神タイガースの外国人投手は通常神戸市内の六甲アイランドに住むのですが、呉昇桓投手は韓国の方が多い大阪市生野区に住み、そこから毎日甲子園まで通勤。

生野区では地域の在日コリアンやニューカマーの韓国の方とも交流をしており、現地の評判も良く非常に親しまれていた選手です。

そんな呉昇桓(オ・スンファン)投手は東京オリンピックの3位決定戦でドミニカ共和国に滅多打ちされてしまい、5失点を献上し敗戦投手になり、韓国はメダルを逃してしまいました。

韓国では戦犯扱いにされてしまっているので今後が非常に心配ですが、何度も逆境を越えて来た選手だけにこれにめげずに頑張って欲しいです。

韓国リーグ(KBO)では現在どんな成績を残しているのでしょうか?

呉昇桓(オ・スンファン)韓国KBO成績2021

年度 成績
2021年 37試合登板0勝2敗27S 防御率2.52
2020年 45試合登板3勝2敗18S 2H 防御率2.64

呉昇桓(オ・スンファン)投手は現在サムスンライオンズでストッパーとして2021年は
27セーブを挙げており、39歳ながらまだまだ現役バリバリです。

今回東京オリンピックでは結果を残せなかったですが、韓国では今でも普通に活躍しているので、まだまだ現役を続けると思われます。

呉昇桓(オ・スンファン)韓国成績まとめ

  1. 2020年から韓国KBOに復帰し、サムスンライオンズのストッパーとして現在も活躍中
  2. 2021年は37試合に登板して27セーブ、防御率2.52の成績を残しておりまだまだ現役バリバリ

今回東京オリンピックでは救援失敗してしまいましたが、韓国ではしっかりとまだまだ結果を残していますので、これにめげずにまたサムスンライオンズで活躍して欲しいと思います!

阪神ファンのあなたも呉昇桓(オ・スンファン)をこれからも応援しましょう!

error: Content is protected !!