プロ野球

侍ジャパンに大谷翔平等メジャーリーガーが選出されない理由はなぜ?

侍ジャパンの東京オリンピックの代表選手を見ると、大谷翔平選手やダルビッシュ有投手、前田健太投手などメジャーリーガーが選出されておらず、オールNPBのメンバーで構成されています。

WBCでは当時バリバリのメジャーリーガーだったイチロー選手が活躍し、見事アメリカや韓国を倒して、日本を優勝に導いたのは記憶に新しい人もいると思います。

ちなみに侍ジャパンのみならず、アメリカ代表も3AやNPBで活躍する選手で構成されており、メジャーリーガーは1人も選出されておらず、韓国代表も同じくメジャーリーガーは1人も選手されていません。

いったいなぜ侍ジャパンに大谷翔平やダルビッシュ有などメジャーリーガーは選出されていないのでしょうか?

侍ジャパンにメジャーリーガーが選出されない理由はなぜ?

メジャーリーグ(MLB)では規則上、オリンピックには選手を出さないっていう決まりがあるので、侍ジャパンには大谷翔平選手もダルビッシュ投手も前田健太投手も選抜されていません。

先ほどもお伝えしたようにアメリカ代表も3A、2A、NPBに在籍しているメンバーで構成されており、メジャーリーガは1人も選出されていないです。

メジャーリーグで契約しているすべての選手が対象になっているので、アメリカ人や日本人だけでなく韓国人もドミニカ人も選出されない仕組みになっています。

MLBからは過去のオリンピックでも同様に1人も選手を派遣していないですし、あくまでシーズンを優先するというスタンスです。

オリンピックだけでなくプレミア12なんかも同様でメジャーからは1人も選出されないのですが、唯一WBCだけメジャーリーガーも出場可能なのでイチロー選手が侍ジャパンに選出されていたのです。

侍ジャパンにメジャーリーガーが選出されない理由まとめ

  1. MLBの規約上、オリンピックには選手を出さない方針なのでメジャー契約している日本人メジャーリーガーは侍ジャパンには選出されない
  2. アメリカ代表も3A、2A、NPBで活躍している選手から代表メンバーを選出
  3. メジャー契約しているすべての選手が対象なので、韓国代表もドミニカ共和国代表にも1人もメジャーリーガーはいない
  4. オリンピックやプレミア12はメジャーリーガーは出場できないが、唯一WBCのみメジャーリーガーも出場できる

まとめると上記のようになりました。

大谷翔平が侍ジャパンで二刀流をすると世界中で話題になってオリンピックも盛り上がっていたと思うのですが、残念ながらMLBの規約上それは無理なようです。

error: Content is protected !!