都道府県別最低賃金ランキング

最低賃金が平均24円引き上げられるというニュースがありましたが、
現在の都道府県別最低賃金はいくらなのか?
ランキングにしてまとめてみました。

  • 1位東京 907円
  • 2位神奈川 905円
  • 3位大阪 858円
  • 4位埼玉 820円
  • 5位愛知 820円
  • 6位千葉 817円
  • 7位京都 807円
  • 8位兵庫 794円
  • 9位静岡 783円
  • 10位三重 771円
  • 11位広島 769円
  • 12位北海道 764円

総評

三大都市圏の最低賃金が高く、
特に人口の多い東京・神奈川が突出しており、
大阪・埼玉・愛知と続く。

 

三大都市圏以外の主な主要都市の最低賃金は
例えば大都市である福岡は743円、仙台のある宮城県が726円と
九州圏や東北圏は全体的に最低賃金が低い。

 

現在安倍内閣は時給1000円計画を遂行しており、
今後最低賃金は上がっていくと思われる。