掛布氏は今シーズンからオーナー付ディレクターとして
阪神を陰ながら支えるということで決定しています。

 

要はフロント入りする訳ですが、
今後掛布氏が1軍監督に就任する可能性があるか?ですけど、
金本監督が結果を残せなければ、次期監督の可能性は高いと思います。

 

金本監督は新たに2年契約を結んだということなので
2019年までは監督内定。
ただし、今シーズンの3年目にBクラスに沈むようなら
ファンは黙っていないので、監督交代の可能性もなきにしもあらず。

 

阪神は実績とともに人気面を非常に重視するので、
矢野氏や片岡氏では物足りない。
赤星氏なら人気もあって全国区でいいけれど、
順番的に考えにくい。

 

となると、
掛布氏が優勝実績のある岡田氏ぐらいしかいない訳です。
岡田氏はオリックスの監督で評判を落としてしまったので、
それがなければ当確だったんですけど、
やはり人気面でも現在は掛布氏が圧倒的有利だと思います。

 

今回、掛布氏の退任理由は金本監督との指導方針の違いなので、
金本体制が崩れたら、
自主性を重んじる掛布監督の指導が評価されて
1軍監督になる可能性もあるでしょう。

 

金本監督のやり方は2軍に合っている気がして、
実績も経験もある1軍は掛布監督の指導方法が合っているような
気がしてならないです。

 

現代っ子はゆとり教育で褒められて育った世代なんで
掛布監督の選手の目線に合わせた指導の方がいいんではないでしょうか?