大阪コンサートホールキャパ一覧

※()は最寄駅

  1. 大阪城ホール(JR大阪城公園駅) 11200人
  2. フェスティバルホール(地下鉄肥後橋駅) 2870人
  3. ZEPP大阪ベイサイド 2801人(スタンディング含む)
  4. 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)(京阪中之島駅) 2754人
  5. オリックス劇場(地下鉄四ツ橋駅) 2400人
  6. 大阪ドーム(地下鉄大阪ドーム前千代崎・JR大正) 36627人
  7. ZEPPなんば(各線なんば駅) 2530人(2F含む)
  8. なんばHATCH(各線なんば駅) 1500人
  9. NHKホール大阪(地下鉄谷町四丁目駅) 1417人

 

総評

大阪では大体のコンサートが上記9か所で行われる。
1番人気はフェスティバルホールで、
大阪には東京国際フォーラムのような5000人規模の会場がない為、
多くの場合フェスティバルホールで2日公演されることが多い。

 

フェスティバルホールとオリックス劇場が同時に改装に入った時は、
グランキューブ大阪が超過密日程でコンサートが行われていた。
いずれにせよ大阪はまだまだコンサート会場が少ないので、
5000人収容規模のコンサートホールの開設が急務と言える。