岡田彰布元阪神監督の実家は大阪市の玉造で
横浜DeNA三浦大輔の父が玉造で花屋さんを営んでおり、
岡田氏の後援会の役員だったそう。
※番長のお父さんは現在も玉造で花屋を営んでいます。

 

三浦大輔氏も奈良出身でありながら、生まれは玉造のようで
岡田元監督は幼少期から三浦大輔氏を知っており、
近所にえらい球を投げる子がいると言っていたそうです。

 

ドラフトの際、
阪神はなぜ指名しなかったんやと岡田氏は言ったとか。
それぐらい三浦氏の才能は当時からずば抜けていたようです。

 

そういう2人の縁があって、
2009年に三浦大輔氏がFA宣言した時に
阪神が取りにいったようです。

 

ただ、ちょうどそのタイミングで
岡田氏がV脱の責任を取って
阪神を退団したので、
残念ながら獲得には至らなかったとのこと。

 

三浦大輔氏の父は生粋のタイガースファンで
将来阪神のユニフォームを息子に着て欲しいと望んでいたこともあり、
もし岡田氏がそのまま阪神の監督だったら、
ハマの番長三浦氏は
阪神に入団していたと思います。

 

三浦氏も近所にスーパースターの岡田さんがいたから
自分もプロを目指せるんだと思ったようで、
岡田氏の存在はものすごく大きいようです。
いつか2人が阪神のユニフォームを着て、戦って欲しいと思います。